ヨーキョクデイ

いろいろ雑食

せめぎあい

まあ、わりと硬派なヤツが出口付近にいるわけで、何らかの原因で生産された軟派なヤツ、むしろお水っぽいヤツが今すぐ出たいとダダをこねるわけです。硬派なヤツはなかなか動こうとしないので、通路を管理する俺がちょっと融通をきかせようと踏ん張るわけですが、ちょっとやそっとじゃどうにもならん。その間も軟派なヤツの執拗な攻撃により俺は痛みを覚えるの。この世の終わりみたいな痛みなの。たまに発作が来て硬派なのが少しずつながら排出されていくわけだが、これを何度か繰り返すと大きな発作が来て一気に軟派なヤツも排出されるというメカニズム。普段なら快感に近いこの発作も、今回はそれと全く異なり、苦しい。
まあ、うんこの話だが。この経験は何年かぶりながらも 3 度目なので落ち着いて対応できたかな。突然腹痛が来た時点で、「ああ、アレだな」とわかったわけだし。俺だけの秘め事にしておきたくなかったので書いた。