ヨーキョクデイ

いろいろ雑食

伝えたいこの思い

対向車が無灯火だった場合、普通はパッシングすればいいのだろうが、愛馬からはいろんな意味でそんなオツなマネはできないという話。
愛馬にも一応ロービームとハイビームを切り替えるロッカスイッチは付いているのだが、パッシング用途の機能はなく、そんなものを瞬間的にカチャカチャやってる余裕は事実上ない。うまいことやったとしても発見してもらえるのかも微妙。やはり他の車が何らかの対応をとるはずなので、左端を 30km/h 以下で走行しなければいけないことになっている交通弱者同然の者としては、カッコつけたマネなどせずに、おとなしくそれを期待していればいいのだろう。
まともなクラスのお馬さんだとこの辺の装置が付いていたり、あるいは改造して付けたりしている人もいるらしいよね。