ヨーキョクデイ

いろいろ雑食

某市郊外暴走

昨日のお話の中で、自分は愛馬で行動する範囲が狭すぎるということが思い知らされた。南は最上川すら越えたことがないし、バイパスの外の田んぼゾーンに出たこともない。若いころはチャリですらもっと遠くに行ってるのに。そこで今日は気分任せにその辺を走ってやろうということで。
なんとなく出羽大橋に出て川南に向かっていたので飯森山公園へ。池の周囲の遊歩道を回ると、野鳥どもがすぐ近くにいてビビる。そしてメインイベントである登山。登頂は高校以来。登山道の傾斜が無駄にきつかった。山頂には展望台があり、目の前にそびえ立つ鳥海山やその麓に広がる市内を一望できるのだが、その絶景たるや、登山の苦労も一発で吹き飛ばしてくれる。標高 41.8 m だけど。


そして旧市内を蛇行しつつちょこっと回って帰ろうと思ったものの、北上するごとにもっと近くで鳥海山を見たいという気の迷いが出てきたために、そのまま八幡へ行こうと。県道 59 号 を起点から終点まで走破し、舞鶴公園へ。北限も一気に更新。
この行程で 40 キロちょいだったのだが、フルマラソンではこの距離を人間が走るのだと考えるとぞっとする。自動車だとなんの気なしに移動できる距離なんだけど、まだまだ手袋とマフラーが欠かせない時期なので、余計に長く感じられるよね。左肩が凝りに凝った。
そのうちやりたいと思っている、市内のコンビニ全店舗巡りの練習にもなったかな。