ヨーキョクデイ

いろいろ雑食

オウンゴールの思い出

体育でのサッカーでの話。
ラインなしで、ゴールはコーン 1 本を使い、当たったらゴールというルールのミニゲーム。後ろに飛んでいったボールを取りに行った俺は、前に長めのパスを出したのだった。それが見事に自陣のコーンに当たり、オウンゴール。狙ってもなかなか当てられないというのに。
それから数回後。今度は通常ルールのゲームで GK を任された俺。味方 DF がなぜか俺にバックパスを出してきた。緩いゴロではあったが、短い距離の上に横に来たので、まともな対応ができず、手は使えないのでなんとかダイブして体で止めようとしたものの、無残にもそのままオウンゴール日韓共催から 1 年後の出来事であって、当時は QBK なんて言葉はなかった。