ヨーキョクデイ

いろいろ雑食

ゆめうつつ

夢と現実の区別が付かないことが最近よくある。夢で見たのであろう現象を現実世界での体験かのごとく体が覚えているというような。ふと何かの出来事を思い出し、実際はどういう状況でそういうことになったのかと考え直して、ようやく夢の中の話だったと発覚する程度。シチュエーションや人物は実生活の延長線上にあって、そんな中で、実際に生じる可能性はゼロではないものの普通に考えたらちょっと考えにくいことが発生しているので、その分印象に残りやすい夢なのかもしれない。
お疲れ様ですか。